2017年03月17日

第10回 ひむかかるた競技大会開催

宮崎中央ロータリークラブ
渡邊勝

目的/宮崎の文化、歴史、産業、風土、偉人などを綴った郷土かるたの競技をとおして、若年層を対象に地域についての知識と愛情を育み、高揚させることにより、「ふるさと・みやざき」のイメージを再生、創造する。
子供達が一同に集うことで親睦と友情を深め、競技を通して礼節を学び、新しい時代を生きる子供たちの健全育成に資することを目指す。

日時/平成29年2月18日(土)
会場/宮崎公立大学体育館
時間/9時開始〜16時
競技種目/団体戦13小学校・2幼稚園 合計110名
宮崎中央ロータリー参加者(審判員)/11名
岡田圭史、甲斐孝則、片木重光、木村聡之、田中寿、西橋龍博、平松寛、松山春喜、
山川力、渡邊勝、奥野由美、

karuta011703.jpg


平成29年2月18日土曜日、毎年恒例の「ひむかかるた競技大会」が開催されました。
この「ひむかかるた」とは、宮崎県内の小学生と宮崎公立大学とのコラボかるたで、2005年、宮崎公立大・地域研究センターが県内の小学生からかるたの素材を募集し、約3000作品の中から生まれた「郷土かるた」です。
私たち、宮崎中央ロータリークラブは、新井教授(当時)とともに、その立ち上げから普及にまで深く関わってきました。今では、宮崎中央ロータリークラブのローターアクト、ひむかメディアアクションのメンバーが、準備段階から実施までを、素晴らしい連携で執り行なっていただいています。

karuta021703.jpg

競技大会も、各校の予選を勝ちあがってきた代表の選手たちが、熱戦を繰り広げ、準決勝、決勝では、僅差の試合が続き、選手本人達はもちろん、児童や保護者たちの応援も大変盛り上がりました。この競技大会を目指して、練習を重ねた児童たちの熱い思いは、歓喜と涙に象徴され、見ていてとても感動を呼びました。
また、クラブのメンバーの後押しで今年も複数のメディアによる取材もあり、私たち宮崎中央ロータリークラブにとっても良いPRになったと思います。
この競技大会が、20回、30回と続きますよう、願っております。


karuta031703.jpg
posted by 宮崎中央RC at 13:13| ひむかかるた大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする