2017年05月08日

くすの木賞授賞式

blue.jpgマリンブルーボランティア
山口雅博 様



マリンブルーボランティアの概要
マリンブルーボランティアは、障害のある方々 (以後『ゲスト』) に喜んでいただくことと、その家族、そして毎日介護等で尽くして下さる施設の職員さんにも楽しんでいただくことを目的としています。
元々は、平成4年7月に「海の日ボランティア」として発足したものです。
最初は筋ジストロフィーの方々を「海の日」に一ツ葉浜に招待し、プレジャーボートや和船に乗船するお手伝いをしてのクルージングや、海水浴、おにぎりの振る舞いなどでしたが、回数を重ねる毎にゲスト参加者が増え、自閉症の子供たちや都城視覚障害者協会、その他の障害で車椅子利用の方たち等も参加が増えてきています。
第24回 (2016年7月16日) は、ゲスト約120名、ボランティア約350名、家族施設職員など含めると500人を超す人数となりました。
尚、招待する側のボランティアも内容が進化して、ゲストと女子学生がペアを組む水鉄砲ゲームや、宮崎国際大学の外国人先生たちによる外国で人気のゲーム、大宮高校ダンス部の若さ溢れる動きに、ゲストの方も障害の程度の違いはあるものの、共に楽しんでくれているようです。
一番の人気は、やはりクルージングです。宮崎北高や宮崎工業高校のラグビー部員や社会人ラグビー選手たちが、それぞれの船長さんたちの船にゲストを車椅子ごと抱えて乗船するお手伝いをし、日向灘をクルージング。その際には楽しくて興奮のあまりパニックになるゲストもいらっしゃる為、男性女性、それぞれ同性の介護が数名ずつ共に乗船し安全に楽しんでもらうように配慮しています。近年は、女性ゲストには北高校女子バレー部員や宮崎商業女子バスケ部員、南九州短大の女子学生たちが介助として付いてくれます。
一方、陸では焼肉・ヤキソバ・カキ氷の振る舞いのほか、漁師さんから届いた新鮮な魚を4人のプロの板前さんたちが刺身や味噌汁にして振舞う等、味ももちろんですが調理のパフォーマンスも普段は目にすることが少ない為、目でも大いに楽しんでもらっています。
6年前まではこの『海フェスタ』は一ツ葉の浜辺で実施していた為、車椅子利用者の移動やボランティアの機材運びがとても大変でした。それが現在では宮崎臨海公園のマリーナ施設を無償で利用させていただき、ゲストにもボランティアにも安全でより楽しく運営できるようになり、大変感謝しています。
また、ここまでの道のりの中でロータリークラブ会員でもあります 片木 重光社長はクルージング担当として、またギャラリー陶花の 渡邊 勝社長は車椅子移動や海水浴担当として、心温まるお手伝いをしていただいております。あわせてお礼を申し上げます。

宮崎市ボランティア協会
 マリンブルーボランティア 代表 山口雅博


写真 @  平成16年7月18日
blue01.jpg

当日早朝、暗いうちから砂浜を重機で平らにならし、板を張り道を作ることで、車椅子でも波打ち際近くの会場まで、高校生の介助のもと安全に進むことができます。
直射日光に弱いゲストの方も多いので、大きめの日傘を用意しています。

blue02.jpg

身体の自由がごく限られたゲストの皆さんの中には、水中であれば比較的楽に身体が動かせる方もいらっしゃいます。
たくさんのボランティアの協力の下、海水浴を楽しんでおられます。
毎年、唇が青くなるくらいまで水中から出たがらない方もいらっしゃるほどです。
※写真中央は、ギャラリー陶花の渡邊社長。


写真 A  平成28年7月17日
blue03.jpg

宮崎臨海公園 多目的広場での様子。
芝生の上での移動なのでゲストも安全で身体の負担も少ない。
また帰宅後の車椅子の清掃(以前は砂汚れ)など家族・職員さんの負担軽減も。

blue04.jpg

船への移動の様子。各船まで浮き桟橋で移動。
スロープや平坦な移動の為、少ない介助でも安心して移動できる。
posted by 宮崎中央RC at 14:11| 「くすの木」賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする