2018年09月12日

海洋高校模擬面接を通して

今年も残暑厳しい折、宮崎県立海洋高校に於いて就職及び進学支援の模擬面接会を開催致しました。

本事業は、我々宮崎中央ロータリークラブの基幹事業に位置付けられるもので、長年にわたり就職希望高校生対象に行って参りました。 また宮崎県立海洋高等学校でも他にそういった機会も無いということで、外部からの面接指導が緊張感をもって実施出来るとあってとても喜ばれており、我々ロータリアンも心からやり甲斐を感じているところです。

今年は830()に執り行われ、進学希望2クラスと就職希望8クラスの計10クラスに分かれた100名程の学生に対し、我々20名の面接官が2人一組となり対応致しました。一人当たり7〜8分の時間をじっくり持ちながら熱心に彼らの良いところを引き出そうと志望動機等の質問を投げかけていきます。

学生の中には前の晩色々と考えて来たのでしょうか、家で覚えてきた通りの順番で答えはじめ、我々のの質問から脱線した生徒がいたり、志望動機がおざなりでオリジナリティが感じられない生徒も数多く居ました。そういった生徒には「面接官の心に響くような自分なりの言葉が欲しいね」「飾らない思いを口にしなさい」などと時には優しく丁寧に、時には厳しく指導してあげました。

毎年この事業を実施するにあたり、学生たちの面接に対する受け答えの変化が如実に感じ取られ、先生方の熱心なご指導と事前準備、模擬面接に対する思い入れ、またその期待感がますます強くなってきた様に感じ取られました。

鍋倉校長先生をはじめ、三浦教頭先生そして面接担当の中野先生と前田先生も大変喜んで戴きました。

これからも宮崎中央ロータリークラブでは宮崎海洋高校の学生諸君が、将来より大きく羽ばたく為ならば、協力を惜しむことはありません。

インターアクト委員会委員長

小村 賢一郎


IMG_3871.JPGIMG_3891.JPG

posted by 宮崎中央RC at 14:33| 進学・就職模擬面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする