2017年05月08日

第68回宮日総合美術展 宮崎中央ロータリークラブ会長賞受賞

nasu.jpg那須 誠 様

皆様こんにちは。ただ今ご紹介いただきました那須 誠と申します。先日開催されました、宮日総合美術展の写真部門におきまして、貴 宮崎中央ロータリークラブ会長賞という名誉ある奨励賞をいただき誠にありがとうございました。また、本日は貴クラブの総会にお招きいただきありがとうございます。
私は写真を始めて18年になります。平成10年にNHKの写真講座に参加したのがきっかけで、すっかり写真の魅力に取りつかれてしまいました。平成16年に、その時の生徒仲間と写真クラブを立ち上げて現在は9名で写真を楽しんでいます。クラブ名は「写友 風」と言います。クラブを結成して12年目にして初めて、今年の県美展で全員入選することが出来ました。大変嬉しい出来事でした。仲間には、宮日美展と県美展で大賞を受賞した人もいます。
今回受賞しました写真は、大分県国東半島の姫島での盆踊り祭りの写真です。この盆踊りは、毎年8月14日、15日のお盆に開催され、男の子はキツネやタヌキ、女の子はお姫様の化粧をして踊るのが有名です。全国各地からたくさんのカメラマンが押し寄せる写真好きには人気の盆踊りです。姫島の人口は約2,000人だそうですが、祭り当日は観光客やお盆で帰省された方で人口が倍以上になるそうです。
この写真の女の子は、今年が祭りデビューだったのでしょうか…。緊張と不安、また化粧してもらいお姫様みたいになった喜びとが入り混じった表情でしたので、その表情が表現出来ればと思いシャッターを押しました。



宮日美展報告

watanabe.jpg社会奉仕委員会
委員長 渡邊 勝

今年も10月1日から16日まで、県立美術館において、第68回宮日総合美術展が開催されました。
写真部門では、404点の出展があり、特選6点、奨励賞10点、126点が入選されました。今回は、入賞16人のうち、14人が60歳以上と、円熟した表現が高い評価を得られたこの講評でした。
posted by 宮崎中央RC at 14:54| 宮崎中央ロータリークラブ会長賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

第67回 宮日総合美術展 宮崎中央ロータリークラブ会長賞受賞

kaityosho2015.JPG

こんにちは!このたび第67回宮崎総合美術展において、会長賞を頂きました高橋美和子と申します。今回、栄えある賞を頂き、また、このような会にお招きいただきまして、会長様をはじめ関係者の皆様方、誠にありがとうございました。
私と写真とのエピソードを少しお話しさせていただきたいと思います。

●写真との出会いは…
三年半前、友人に誘われ参加した市役所の生涯学習の写真教室です。孫の写真を撮ろうと思い一年間教室に通い、その後、自主学習で撮影に行くようになりました。

●これまでの受賞歴と作品の紹介@
昨年の第40回宮崎県美展に初めて応募し、入選しました。北郷の「いろはもみじ」で、タイトルは「美魔女」。推定樹齢200年とも言われ、他に類を見ない長さで、11月には見事な真紅の紅葉になり圧巻です。観光客も多いです。今年は紅葉が早く今が見ごろという事です。枝振りが女性の体に似て、バッファローのような、また、鳥の顔も連想したのでこのタイトルにしました。

●これまでの受賞歴と作品の紹介A
今年2月の第41回宮崎県美展で入選した写真です。この時は、酒谷線から末吉に行く途中の高岡小学校の近辺でいちょう並木を見つけ、あまりの黄色いいちょうに感動し、外国のようでもあったので「異国情緒」と名付けました。

●ロータリークラブ会長賞作品の紹介
第67回宮日総合美術展奨励賞(宮崎中央ロータリークラブ会長賞)を頂いた作品で、タイトルは「共生」。三股線の長田峡に生息していた1本の樹木にコケが生え、さまざまな植物が共に生きているのを見て感動しました。6月の梅雨時期でコケが湿気を帯び、木漏れ日があたり緑の部分が黄色に輝きとてもきれいでした。
この受賞作品のきっかけは、4月に西都の菜の花と桜のコラボを撮影に行った時の偶然の再会です。その際、46年ぶりに再会した高校のクラスメイトが何とプロの写真家で(土屋幸博さん)、その後、撮影に同行させてもらったというわけです。
その時に私のカメラの液晶を見て選んでくれたのがこの作品でした。私も気にはなっていたのですが、まさか奨励賞作品になるとは本当にびっくりです。「さすがはプロだなー」同級生に感謝です。

●その後のエピソード
受賞発表後、数日してから新聞を見たという見ず知らずの方から一通のハガキが届きました。「シダ、コケがしっとりと露を含んでいるようで眺めていて心が癒されます。自分の足ではなかなか遭遇することのない風景を見せて頂きありがとうございました。この度の受賞おめでとうございます」と書かれていました。感動した私はハガキに書かれた電話番号に電話してみました。すると、その方は長田峡の近くの方で、大変びっくりされていました。今度は是非自宅にお立ち寄りください、と言われ実際に訪ねました。後日、そのお礼にこの受賞作品を送らせて頂きました。

●これからも…
私が撮った一枚の写真が、人に喜びや感動を与えられるという事は、私にとっても何よりの喜びです。今回の受賞を励みにして、自分自身も楽しみながら、これからもなお一層人に感動を与えられる写真を撮り続けて行けたら、と思います。
本日は誠にありがとうございました。

kaityosho201502.JPG
posted by 宮崎中央RC at 13:13| 宮崎中央ロータリークラブ会長賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

第66回 宮日総合美術展 宮崎中央ロータリークラブ会長賞受賞

kaityosho2014.jpg
この度は歴史ある、貴ロータリークラブ「宮崎中央ロータリークラブ会長賞」の栄誉ある表彰を頂き、驚きと嬉しさの気持ちでいっぱいでございます。
今回の受賞作品は2年前、近くの神社のお祭りでの一コマです。今では、どこのお祭りも「感謝祭」ではなく、「観光祭」になってしまいました。時代の流れでしょうか。本当に寂しく残念に感じます。
そんな中で、地区の方たちが、年に一度、この祭りを待ちかねたように、飲めや踊りで、各々の家庭での手作りご馳走を持ち寄り、境内にゴザを広げ大騒ぎになります。
私達子供の頃そうでした、その遠い遠いその昔、そんな日に、両親に連れられ、ほんの少しのお小遣いをもらいお参りしました。ドンドンヒャララドンヒャララ〜、本当懐かしい〜、ゆったりと刻が流れていた時代でした。昔に戻りたいとは思いませんが、大切なものを取り戻しになら帰ってもよいかな〜とさえ思わせます。
そんな地区の方たちが絆を大切にしているお祭りなのです。懐かしさ、郷愁を感じさせるこのイメージを大切にしながら、撮った作品ですが、写真を「見る人」と「撮る人」の気持ちが一致した時、私の作品は初めて成功したと考えています。
そのような雰囲気の中で、他者(大勢のカメラマン)との差別化を図るために個性的に見せようと気持ちを強く出して、「見せたいものを見せる」ことを考えて撮影しました。伝統ある宮日美展で二度目の受賞になりましたが、高齢とともに一生忘れられない郷愁を感じる懐かしいこの一枚が「一期一会」になったと思います。
これからは、五体満足 神に感謝しながら、健康であるかぎり、私の生涯のテーマであります、「幸せ探し」に奮闘して行きたいと思います。
栄誉ある表彰をここに頂きまして誠に有難う御座いました。貴クラブと会員の皆様の益々の繁栄を祈念いたし、会員の皆様に宜しくお伝えくださいませ。

名 前 隈本 勲
住 所 日南市上平野町1-5-4
年 齢 76才   写真歴 約50年
入選、入賞歴 回数
    宮日美展 入選15回 内 入賞2回
    県美術展 入選10回

posted by 宮崎中央RC at 09:29| 宮崎中央ロータリークラブ会長賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

第65回 宮日総合美術展 宮崎中央ロータリークラブ会長賞受賞

山本末之.jpg
第65回 宮日総合美術展
宮崎中央ロータリークラブ会長賞
宮崎大学名誉教授 農学博士  山本末之氏


「早朝のめざめ」(カラー)
家のそばに池や森があり小動物や昆虫をよく撮影している。身近にある自然を大事にしたい―というメッセージが届いた気がしてうれしい。特選1回、奨励賞2回目。
【評】ぼかしが美しく、透明感や奥行きがある。カメラマンが抱いたいとおしさが伝わる。


miyabi_sakuhin.jpg

ご紹介頂きました山本でございます。過日は宮日総合美術展の写真の部におきまして宮崎中央ロータリークラブ会長賞を頂き、その上本日は皆様の総会にお招き下さいましてまことに有り難うございます。この場をお借りして厚くお礼申し上げます。
自己紹介を致しますと私は当年とって82才になります。生まれも育ちも宮崎で生粋のいもがらぼくとでございます。写真を始めましたのは平成8年宮大を定年退職後ですから15年余りになります。家内もその頃から油彩を始め、そのモチーフとして国内外の旅行を楽しんで参りました。
一昨年、私の傘寿の機会に写真と絵画の二人展を宮日会館で開くことができました。すでに終わったことで大変失礼かと思いましたが、私の好みの写真を数枚掲載しましたパンフレットをお配りいたしますのでご笑覧下されば幸いでございます。
その前に、今回この場に展示して頂いたロータリークラブ会長賞の写真(早春のめざめ)ですが別紙新聞のコピーのとおり、審査員からバックのぼかしが美しいと批評を頂きました。 ご覧になったかたはバックについて水面または氷面と見えるようですが、実は窓ガラス面に垂直に這ったところをマクロレンズを使って撮ったものです。 コピーの下の写真は孵化したうみがめを放つ子供たちを撮ったもので特選を頂きました。
私は特定のテーマにこだわらず好きな、あるいは面白い物は何でも撮ることをもっとうにして楽しんでいます。写真と言う趣味が私の第二の人生にとって大きな生き甲斐になったのは良き先輩や同僚のお陰であり今後とも体調の許す限り続けたいと思っています。
posted by 宮崎中央RC at 10:09| 宮崎中央ロータリークラブ会長賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする