2017年05月08日

NPO法人 アースウォーカーズ

kodama_naoya.jpg小玉 直也 様


福島の現状は、月日とともに語るにも難しく、支援するにも難しい今日となっています。色々な情報が錯綜し、安全だという住民と不安だという住民が共存する中、放射能に不安を感じている方々の支援を5年目に入って継続していく事となります。今回の報告集では「第4回福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ」の報告だけでなく、アースウォーカーズの活動全般報告と収支決算も掲載させていただきました。今年度から、福島の小学生以下の子どもたちの、日帰り保養プロジェクトがスタートし、山形県米沢市で毎月開催しました。また、中学生になると部活を始め、反抗期にも入り保護者の意向に合わず保養に出る事を拒む子どもたちもいると聞き、海外のプロジェクトとして中学生をオーストラリアに連れていく企画をスタートしました。チェルノブイリでは18歳以下の子どもたちの保養が国の制度として義務付けられてる事もあり、その保護者のニーズをくみ取り2年前に出会ったMakiさんが設立したSmile with Kidsと共催で開催しました。新たに始まったプロジェクトを加えるとア−スウォーカーズを通じて年間のべ約250人の福島の親子をサポートさせていただく事となりました。一方、残念ながら前年度に開催した高校生をドイツに連れていくプロジェクトは2014年は寄付が集まらず開催できませんでした。2015年は、「福島を伝え、再生可能エネルギーを学ぶ 福島 ドイツ高校生交流プロジェクト」として開催したいと思っています。今回の報告集では2013年に開催したプロジェクトの報告を掲載させていただきました。ぜひごらんください。さて、新たに始まった中学生のプロジェクトですが、きっかけは福島県二本松市の佐々木自然くんと2012年にオーストラリアに行って約15回の報告を現地で開催し、その際に出会った方々に支えていただいて今回の企画となりました。初めての海外の佐々木くんとシドニーの国際線ターミナルに到着して、ここから国内線に乗り継いでケアンズに訪問する。その乗り継ぎを佐々木くんにお願いすると「無理、無理、無理!!」と拒否反応。「じゃあ、どこ?って英語では?と私が聞くと「えーっと、WhatじゃなくてWhichじゃなくてWhereだ!」と佐々木くん。「じゃあこの国内線のチケットを持ってWhere?って聞いてみよう。親切な人は教えてくれるから。その代わり、間違えないように3人に聞いて一致したらそちらの方向に行こう!」自分の英語に自信が無い中、以外と頑張れば通じる事を実感し英語に触れていく。アースウォーカーズのプロジェクトでは、子どもたち一人一人が成長できるようサポートしていきます。そんな2012年の中学生のプロジェクトがバージョンアップして開催されたケアンズでの保養プロジェクト。中学生たちの日々の成長に涙がこらえられないシーンも続出して最高のプロジェクトがスタートしました。いま、帰って来た中学生たちが「海外に留学できる高校に行きたい!ととか「早くオーストラリアに帰りたい」という声も聞かれて保護者の方からも「1週間で成長した我が子が頼もしい」と歓迎の声や「部活を継続するか迷っていたが、オーストラリアで吹っ切れて帰国して頑張り県大会で優勝し、全国大会に出場する事になりました!」など、うれしい声が寄せられています。単に保養という意味あいだけでなく、将来の福島や日本を支える子どもたちの成長に寄付できるという喜びも感じられるプロジェクトとなっています。日本の教育の枠を超えて新しい世界観は広がり可能性が無限にある事を感じられる、オーストラリアやドイツのプロジュエクトが継続できるよう引き続きご支援をよろしくお願いします。
posted by 宮崎中央RC at 13:52| ゲストの皆様のご登壇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

第10回 ひむかかるた競技大会開催

宮崎中央ロータリークラブ
渡邊勝

目的/宮崎の文化、歴史、産業、風土、偉人などを綴った郷土かるたの競技をとおして、若年層を対象に地域についての知識と愛情を育み、高揚させることにより、「ふるさと・みやざき」のイメージを再生、創造する。
子供達が一同に集うことで親睦と友情を深め、競技を通して礼節を学び、新しい時代を生きる子供たちの健全育成に資することを目指す。

日時/平成29年2月18日(土)
会場/宮崎公立大学体育館
時間/9時開始〜16時
競技種目/団体戦13小学校・2幼稚園 合計110名
宮崎中央ロータリー参加者(審判員)/11名
岡田圭史、甲斐孝則、片木重光、木村聡之、田中寿、西橋龍博、平松寛、松山春喜、
山川力、渡邊勝、奥野由美、

karuta011703.jpg


平成29年2月18日土曜日、毎年恒例の「ひむかかるた競技大会」が開催されました。
この「ひむかかるた」とは、宮崎県内の小学生と宮崎公立大学とのコラボかるたで、2005年、宮崎公立大・地域研究センターが県内の小学生からかるたの素材を募集し、約3000作品の中から生まれた「郷土かるた」です。
私たち、宮崎中央ロータリークラブは、新井教授(当時)とともに、その立ち上げから普及にまで深く関わってきました。今では、宮崎中央ロータリークラブのローターアクト、ひむかメディアアクションのメンバーが、準備段階から実施までを、素晴らしい連携で執り行なっていただいています。

karuta021703.jpg

競技大会も、各校の予選を勝ちあがってきた代表の選手たちが、熱戦を繰り広げ、準決勝、決勝では、僅差の試合が続き、選手本人達はもちろん、児童や保護者たちの応援も大変盛り上がりました。この競技大会を目指して、練習を重ねた児童たちの熱い思いは、歓喜と涙に象徴され、見ていてとても感動を呼びました。
また、クラブのメンバーの後押しで今年も複数のメディアによる取材もあり、私たち宮崎中央ロータリークラブにとっても良いPRになったと思います。
この競技大会が、20回、30回と続きますよう、願っております。


karuta031703.jpg
posted by 宮崎中央RC at 13:13| ひむかかるた大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

第107回世界大会に参加して

第107回世界大会に参加して


IMG_1789 2.jpg

                        
会長エレクト 香川美穂子


P5283695.jpg「今年の世界大会はソウルで開催」と聞き、韓国にはまだ行った事が無いのと、7月から会長を受ける立場から「一度は国際大会を経験してみよう!」と娘と共に参加して来ました。


P5283706.jpg5月28日(金)第1日目:福岡を経由してソウルの仁川空港へ。宮崎から福岡は1時間足らず、そして福岡から仁川も1時間のフライト。本当に近いお隣の国でした。2泊3日の旅ですが何しろ国際大会もソウルも初めてなので、旅行代理店が現地では車とガイドさんを付けてくれました。これは大成功。安心して移動も出来ましたし、臨機応変な対応が出来助かりました。空港でガイドさんに会い、早速KINTEXという会場に登録に行きました。参加者が3万とも4万とも聞いていましたから「どうなることか?」と心配でしたが意外と登録はスムーズに流れ(登録会場の建物も広大)一安心。会場では現地のスタッフに混ざってオーストラリアのメンバーなどがスタッフとして何かとサポートしてくれ、助かりましたしとても気持ち良く感じました。


P5283711.jpg一旦ホテルにチェックインして、「2730地区ナイト」の会場である別のホテルへ。申し込みが遅れ「参加はウエイティング」と事務局から聞いてはいましたが、「ご挨拶だけでも」と思い行ってみましたら受付が始まっていて皆さん正装。「なでしこ」の女性会員もたすきがけで張り切っておられました。


P5283690.jpg野中ガバナーにお目にかかりご挨拶だけして娘と繁華街(明洞)へ。土曜日の夜のせいか人通りは多くその中に屋台が並んで道幅は狭くなり、日本語の上手なビラ配りの女性達が近づいて道を塞ぐので目的地を目指すのがなかなかでした。せっかく韓国に来たのだからと夕食は韓国料理。ネットで検索した「古宮」で石焼ビビンバを注文。なかなか良い味で楽しみました。何より印象的だったのは野菜の量が多いこと。いろんな形で野菜が料理に使われており、韓国料理は栄養学的に大変バランスのとれた食事と感じました。


P5283691.jpg5月29日(土)2日目:10時15分からと聞いていた開会式が「早く始まるらしい」との情報で8時過ぎにはホテルを出発。高速道路を1時間ほど会場に走りましたが、会場に近づくにつれ道にロータリーの案内看板が目に付き「これだけ沢山の看板を準備なさるのもさぞ大変だっただろう」とホスト国の皆さんに感謝でした。午前の開会式(第1回目)は各国から参加の為8ヶ国語に同時通訳されての進行。会場は民族衣装の人々が三々五々行き交うかと思えば、旅行代理店の旗に従っての団体さんもゾロゾロと移動で見ていて飽きません。


P5293719.jpg私は障害が有り人波の中を歩く事が不安な為車椅子を借りたのですが(前日に予約)、使ってみるとその車椅子が壊れていて「取り替えてもらおう」とそのデスクまで行くのに人は多いは担当のスタッフは手がたりずにパニック状態。娘が交渉したものの結局車椅子のお世話にはなれず仕舞い。ただ会場は十分な席が準備されており、席確保の苦労はありませんでした。


P5293732.jpg式は定刻に始まりアルファベット順に国旗入場の折にはその国からのメンバ?が立ち上がったり手を振ったりと参加をアピール。来賓には国連事務総長のバン・キムン氏をはじめ韓国の首相やRI会長の母国スリランカ首相も出席してスピーチされ、ホスト国の力の入れよう又、世界の中でのRIの存在位置等に自分のクラブだけでは感じられなかったスケールや存在意義を感じました。参加者の正確な数字はまだ出ていないようですが4万3000人ほどとか。世界中から集ったこの人々をホスト国は「友愛の広場」でお料理や韓国の武道、歌手でもてなし、人々が和やかに家族的に接する様子はとても心地良いものでした。午後からの第2回目開会式は韓国語で行われましたので、韓国のロータリアンが集われたことでしょう。


P5293739.jpg午後はホテルまで戻り、近くの聖公会教会や宮殿の見学。丁度衛兵交代の時に行き合わせ民族衣装の衛兵たちの交代シーンを見る事ができました。太鼓や笛の音楽に合わせての行進は汗びっしょりでなかなか大変なアルバイトと見受けました。夜は韓国のオーケストラを台湾の指揮者が振り、日本人ヴァイオリ二ストによるチャイコフスキーの協奏曲とベートーベンの第9「合唱付き」3・4楽章のコンサートが有りましたので聴いて来ました。会場で日本人の姿は全く見られませんでしたが、RI会長のご家族などもお越しになっており、楽しめる良いコンサートでした。ただ帰りのタクシーを拾うのが大変でした。


P5303747.jpg5月30日(月)3日目:この日から「分科会が開催」とプログラムには書いてありましたが、言葉の問題や滞在日数の問題も有り、興味はあっても実際参加は難しいのでしょう。我々は帰国の便が夕方なので、38度線を見たいと思い案内してもらいました。板門店に行くのは事前の申し込みで許可が必要とのことで叶いませんでしたが、行けるギリギリの第一関門所まで接近し兵隊さんの所でUターンしてきました。そこから先は「2Kmの非武装地帯」とのことですが、昔からその地域に住んでいる人もいるとか。


IMG_1697 1.jpg検問所の手前は一寸した観光地となっており戦争に関わる慰霊碑や爆撃にあった汽車の車両等が展示され日本からのロータリアンも見かけました。その場でやるせなかったのは、統一を願う人々が掲げる沢山の白旗やメッセージの書かれた布。家族を無理やり引き離された人々の心を思うと「日本は分断されなくて良かった。」「日本は幸せな国だ」と思わざるを得ませんでした。


IMG_1705 1.jpg夕方の便で福岡を経由して宮崎に戻りましたが、黄砂の襲来で厚く重苦しいスモッグに塞がれ呼吸するのもこわかった韓国に比べ、「なんと宮崎は平和で安心して息を吸える事か!」と本当に嬉しかったです。この平和で美しい日本そして宮崎を大事に守り、「世界の困っている人々のために何か自分の能力を提供する事が出来ないか」と思う今回の旅でした。


IMG_1707 1.jpg次回はアメリカのアトランタ。「百聞は一見にしかず」の諺通り、何事も「行って見ないとわからない」「経験しないとわからない」ものです。ロータリーと言う扉を開け一歩踏み込んで新しい世界を知る事が、クラブライフを楽しむ大きなポイントと思いました。皆さんチャンスは掴みましょう!
posted by 宮崎中央RC at 13:03| 会員の体験報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする